失敗して学んだ相場の格言シリーズ5

今日は、トランプ次期大統領の会見で為替の変動が激しく、日経平均株価の終値は、19,134.70円(前日比-229.97円)でしたね(;´∀`)

今日は、そんな政治的なイベントに振り回されることにならない
下記の相場の格言を紹介しようと思います♪

この格言を紹介したいためにブログを開設したと言っても過言ではないです♪

その格言とは・・・




人の行く裏に道あり花の山


参考:
http://www.jsda.or.jp/manabu/proverb/contents/proverb03.html



経験値でのコメント


よく個人投資家の9割は、負けているといいます。

株式市場においては、群集心理に従うのではなく逆を行くことで成功の道が開くと思います。

日本は、義務教育から他の人と一緒だと安心して、少しでも違っていると不安になるように刷り込まされています。

例えば、流行のファッション、食べ物、テレビ番組、映画、スポーツ、小説、俳優など流行だからとか行列ができているからなどメディアに扇動されて気づかないうちに行動しています。

ポーカーの世界では、

「ポーカーを始めて、30分以内に誰がカモか解らない場合、あなたがカモである。」

という言葉がありますが、株式市場でも同様だと思います。




まとめ


この格言は、私の座右の銘でもあります!!

この格言には、下の句があり、

いずれを行くも散らぬ間に行け

のように迅速に行動することも促しています。

群集心理に従うのではなく自分のルールに従った取引をし、常に市場から勉強する姿勢を崩さずに学び続ければ1割の勝ち投資家になれると思ってます!!

早く「花の山」が見たいです♪




関連記事


失敗して学んだ相場の格言シリーズ1
失敗して学んだ相場の格言シリーズ2
失敗して学んだ相場の格言シリーズ3
失敗して学んだ相場の格言シリーズ4


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗して学んだ相場の格言シリーズ4

今日で3連休が終わりますね・・・

日本市場は、お休みでしたが、NWダウは、2万ドルを超えるのか気になりますね(´∀`)

今日は、相場の格言シリーズ4ということで下記の格言を紹介しようと思います♪


二度に買うべし、二度に売るべし


参考:
http://www.jsda.or.jp/manabu/proverb/contents/proverb23.html

経験値でのコメント


この格言は特に買付時が大事だと思います。

売却時は、1度で全部を売るとポジションがなくなるので売却時より値上がりした場合、
「後○○円高く売れたのに~」ということが起きます。

2度または複数回で売れば、売却時より値上がりした場合「後○○円高く売れたのに~」という後悔はしないですし売却時より値下がりした場合、「あの時○○円で売れてよかった」となります。

買付時のケーススタディ


例えば、下記のシチュエーションだった場合、私は、一括で100万円の枠で買ってました。。。

◆余力資金
100万

◆銘柄
株価:1,000円
単元:100株


1,000円×1,000株(100単元×10) = 100万円

ここで株価が950円が値下がりしたと仮定した場合について説明します。

一括で100万円で買付けた場合


余力資金がないため全部・一部を損切りするまたは塩漬けするしか手立てがありません。

含み損:(950円(時価)-1,000円(買付時株価))×1,000株(100単元×10) = -50,000円

複数回に分けて買う場合


損切りまたはナンピンして対処できる!
◆損切りの場合
(950円(売却時)-1,000円(買付時))×100株(100単元×1) = -5,000円

◆ナンピンの場合
950円×100株(100単元×1) = 9.5万円

平均取得単価
(10万円 + 9.5万円) ÷ 200株 = 975円

まとめ


この格言は、当たり前かもしれませんが、私は出来てなかったです。。。

この格言は、恋愛に通じると個人的に思います。

好きだからといってすぐに告白するのではなくデートを複数回重ねてからお互いに相性を確信した上で告白することで成功率が上がることに似ていると思います。

買う場合も売る場合も一回で全部のアクションを起こすと手立てがなくなるため、
事前にたてた仮説を確信した上次なるアクションを起こすことが大事だと思いました。

関連記事


失敗して学んだ相場の格言シリーズ1
失敗して学んだ相場の格言シリーズ2
失敗して学んだ相場の格言シリーズ3


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗して学んだ相場の格言シリーズ3

本日2本目の投稿となります♪

明日(1/4)が大発会のため、市場が始まる前に当初書く予定だった相場の格言の記事をぶっこんでみようと思います(´∀`)

今日の格言は、これです♪



売るべし 買うべし 休むべし
(休むも相場)



参考:
http://www.jsda.or.jp/manabu/proverb/contents/proverb15.html

経験値でのコメント


特にこの格言は、利益確定がうまくいった後に気分が高揚して本来買うべきではないタイミングよく調べていない銘柄を買って痛い目にあった時に身にしみた格言です・・・

「常になにかチャンスがあるのではないか?」または「他の人も利益を上げているので常に売買をして稼がなければいけない」という幻想に囚われがちですが、
感情ではなく相場から距離を置いて客観的に市場を観察することも重要だと思いました。


まとめ


やはり感情に従うのではなく、自分のルール(規律)に従い、勝負するタイミングのみで売買することが重要だと考えています♪

関連記事


失敗して学んだ相場の格言シリーズ1
失敗して学んだ相場の格言シリーズ2


相場の流れは、個人の力ではどうにも変えるのことができないので一旦、休んで観察するぐらいの余裕を持って勝負に挑みたいです♪


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗して学んだ相場の格言シリーズ2

皆様、お正月は、ごゆっくりお過ごしでしょうか?

為替市場は、動き出して、ドル円は、1/2の22時時点では1ドル117円30~50銭付近と円安に振れてますね♪

さて、今日も昨日に引き続き「相場の格言」をテーマにしようと思います。

今日挙げる相場の格言は、こちら・・・



頭と尻尾はくれてやれ
(売り買いは腹八分)




参考:
http://www.jsda.or.jp/manabu/proverb/contents/proverb19.html

経験値でのコメント


基本的に現物(信用)買いは、「安く買って高く売ること(「ハゲタカ」というドラマ第1話の鷲津ファンド代表の言葉を思い出します(笑)」)」を目標としていますが、
現実的には、相場の動きは、誰にもわからないため底値で買って天井で売ることは不可能です。

底値は、年初来安値を割り込んだ株価で買うことで底値付近で拾うことができるかもしれまんせんがこの格言は、特に売りの部分で重要だと考えます。

買った株の含み益が出ている場合、感情が邪魔をしてもっと利益が出てから売ると欲が出て利益確定しないまま安心しているとずるずる下がって結局買った値段より少し上かトントンで売るハメになったことがあるからです・・・

まとめ


感情に従うのではなく、買ったポイントから10%~20%上がったところで利益確定するなど事前に自分のルール(規律)に従うことが大事だと私は、学びました。

また投資は、底値天井売りなど完璧を目指すのではなく確実にそこそこの利益を積み重ねることも重要だと学びました♪

ダイエットと同じく腹八分に抑えて欲張りではないスマートな投資家になりたいです♪

関連記事


失敗して学んだ相場の格言シリーズ1



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗して学んだ相場の格言シリーズ1

皆様、元日は、いかがお過ごしでしょうか?

正月三が日は、株式市場も休みのため、ゆっくり過ごせますね(笑)

さて、今日は、正月三が日らしく「相場の格言」をテーマにしようと思います。

「相場の格言」は、実際に失敗してから理解することが多いのでその点を含めて挙げさせていただきます。

今日挙げる「相場の格言」は、年末話題になったあの株に関わる格言です。


その格言とは・・・





落ちてくるナイフはつかむな



急落時の投資は落ちてくるナイフをつかむようなもので、どんなに魅力的な銘柄でもナイフが床に落ちてから、つまり底を打ったのを確認してから投資すべきという相場格言。

引用元:
https://www.nomura.co.jp/terms/japan/o/A01952.html



直近の具体例


東芝(6502)


・2016年12月27日:米国の原発子会社の買収に伴い減損する可能性が浮上し、赤字転落が濃厚となり急落。
・2016年12月28日:ストップ安。
・2016年12月29日:ストップ安直前まで売り込まれるが持ちこたえ
・2016年12月30日:反発する。





経験値でのコメント


私は、2012年のシャープ(6753)で失敗したことがあります。

今回ほど短期間での急落ではなかったのですが、当時のシャープ(6753)は、液晶パネル事業が不振で売り込まれている最中でした。

2012年の年初が700円付近の株価で特にまだ具体的なリストラや対応策などが発表される前にも関わらず380円ぐらいで買いましたが2012年末まで150円ぐらいまで急落しました。。。

その後、なんとか400円ぐらいまで回復したので売却できましたが、大切な投資の時間を失いました。。。

東芝(6502)の場合、2016年12月30日は、一旦反発していますが、具体的な損失額や今後の損失を補填する対応策(増資、社債発行、金融機関からの追加融資)などがまだ発表されるまでは、手を出さないほうが賢明であると思っています。

急落中の株は、まさしく落ちてくるナイフと同じで途中で掴むと致命的なダメージを負います。

最悪、市場を退場しなけれべならないぐらい危険であり、株式投資というゲームに参加し続ける上で大事な相場の格言だと思います。


まとめ


急落株には、すぐには手をつけずに底を打つまで忍耐強く待つこと継続して市場に参加できる上で重要だと思ってます。

そもそも業績悪化や不祥事により急落し財務健全性が低い銘柄では、資金を回収できなくなる可能性が高いため、手をつけないほうがよいと思います。

やはり私は、高収益かつ財務健全性が高い銘柄がいいので落ちてくるナイフ財務健全性が低い銘柄はもう手を出さないようにいます♪


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

訪問者様累計

プロフィール

株の王様

管理人:株の王様
無類の株好き(吉田栄作的に)

「マネーの虎」世代ですヽ(´∀`)ノ

現在の職業は、ITエンジニア(JavaのWeb開発メイン)ですが、
35歳までに会社員をExitし、専業の株式投資家を目標にしてます♪

「謙虚ライオン」で頑張ります!!

 ○○○
○ ・ω・ ○
 ○○○
c(_uuノ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
管理人のプロフィール詳細!!
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

「マネーの虎」的応援リンク♪


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ


「マネーの虎」的に「3本はいけますよ!」

購読

RSSを購読する
follow us in feedly

Twitterタイムライン

リアルタイム市況

検索フォーム

人気のページ

おすすめの証券会社

GMOクリック証券


SBI証券


マネックス証券


松井証券

管理人メイン使用の証券会社

おすすめのネットショップ

おすすめの書籍

おすすめの映画


アクセスランキング


ブロとも募集中ですヽ(´∀`)ノ

下記のリンクからブロとも申請でフィニッシュできます♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株の王様@マネーの虎大好きっ子と前前前世からブロともになる

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当ブログサイトは管理人自身による株式取引の記載・記録を目的としており、同様の取引その他の投資行動を勧誘・助言する目的で記載されているものではありません。投資商品、売買価格決定等の投資行動につきましては、ご自身の判断と責任に基づいて行われるようお願いいたします。本ブログサイトに掲載しているすべての情報・記事・データ等につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。本ブログサイトに記載の情報を利用することで被った被害や損害につきましては、万が一、本ブログサイト内の情報の内容に誤りがあった場合であっても、本ブログサイトおよびその管理者は一切の責任を負 いかねます。予めご了承ください。 当サイトの内容は予告なく変更する場合があります。

アフィリエイトの掲載

当ブログに掲載する商品リンク、および、その他リンクには、Amazonアソシエイト・A8.netなどのアフィリエイトリンクを使用する場合があります。 リンク先の商品は当ブログが管理・販売しているものではありません。 商品、および、販売に関するお問い合わせは、各店舗へお願いいたします。 商品に関して発生したトラブルや損害等、当ブログでは責任を負いかねますのでご了承ください。

著作権について

当ブログはリンクフリーですが、著作権を放棄するものではありません。 当ブログのテキスト・画像・動画および公開しているデータなど、全ての著作権は当ブログに帰属しています。

QRコード

QR