2016年 心が折れそうになった日経平均株価暴落ベスト3

2016年も後もう少しで終わりですね!

今年の日本市場は、年初の中国市場の先行き不透明イギリスのEUの離脱アメリカ大統領選と基本的には、国内市場要因より海外の政治的な変化による外部環境要因で重要な局面が変わった年だという印象です。

また今年は、暴落が多かった印象です・・・

そこで今日は、2016年の心が折れそうになった日経平均株価暴落ベスト3を発表しようと思います!!



第3位 ヒラリー派優勢報道の安心感から暴落したアメリカ大統領選



アメリカ大統領選前からほぼヒラリー派が優勢だと報道があり市場も選挙日11/9日(日本時間)まで安定しました。
大統領選前


時差のため、日本市場の場中に開票が行われたため市場の値動きは選挙開票の報道により左右され結局、トランプ氏に決まり、-919円の下落で終了。
大統領選後


◆反省点


メディアの報道に振り回されずに重要なイベント前には、ポジションを持ちすぎないことが大事だと思いました。

翌日に1000円以上の暴騰がありすぐに回復したため第3位です♪








第2位 日銀マイナス金利発表後の安心感からの大暴落


まず今年の日経平均株価は、1/4大発会から500円の暴落からのスタートでした・・・
大発会から1/21までに約3000円も下落しました。
2016年1月




1/29日銀マイナス金利政策を発表し、1/29と週明けの2/1で上昇!!
2016年1月日銀のマイナス金利政策発表





2/1から上昇相場に反転すると思ってましたが、2/2~2/12までで3000円近く下げました・・・
特に2/9・2/10・2/123コンボ暴落で2000円近く下げてます。
2016年2月暴落


◆反省点


株ってこんなこんなに下がるものなの?と西野カナ並みに震えました・・・

売り筋のパワーは、すごいと痛感しました。売り筋が主導の時は、手をださずに反転するのを辛抱強く待つことが大事だと学びました。










第1位 残留派優勢の安心感から暴落したイギリスのEU離脱の国民投票


アメリカ大統領選と似ていますが、国民投票前から残留派が優勢だと報道があり市場も選挙日6/24(日本時間)まで安定しました。
国民投票前



こちらも時差の関係上、日本市場の場中に国民投票の開票があり、残留派離脱派が拮抗し、値動きが大荒れになりました・・・

結局、離脱派が勝ち、-1,286.33円の超暴落で取引を終え下落幅が歴代8位にランクインするなど歴史に残る暴落になりました・・・
国民投票後





◆反省点


基本は、メディアの情報に扇動されるのではなくイベント前にはポジションを解消または持ちすぎないなど身動きがとれるように現金化しておくことが重要だと思いました。



まとめ


メディアの情報に扇動されてるようでは、まだまだ大衆並の投資家だと痛感しました。。。

しかし私が尊敬するジェシー・リバモアの教えも失敗して学ぶことができました♪


・現金をもたない相場師は、在庫をもたない小売商と同じで、相場師としての命脈は保てない

・金を失ってはならない。特に株取引の資金はトレーダーの命綱であることを肝に銘じること

・明白なのは強気相場では強気筋、弱気相場では弱気筋になれということだ

・金を失わないためには何をすべきでないかが分かった時、相場で勝つのに何をすべきかということが、ようやくわかり始めるのだ



予め長期的な視点でスケジュールを確認し、重要な局面の前ではポジションを持たずに現金化しておき暴落後に優良な割安株を仕込むことが大事だと学びがあった1年になりました


2017年は、失敗を教訓に資金管理ができるようになるぞぉ♪


皆様もよい投資家ライフを(よいお年を)!!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月の権利確定日に関して(実績編)

みなさま、2017年、あけましておめでとうございますm(_ _)m

本日(2016/12/28(水))から約定した株式は、受渡日ベースですと2017年がスタートしましたね♪

2017年のスタート初っ端にあの東芝(6051)ストップ安になりましたね・・・

原因は、米国での原子力発電事業で大幅な減損損失の可能性があるとの発表したことによるらしいのですが、東証1部の超大型株がストップ安とは怖いですね・・・

やはり知名度はなくても事業内容が底堅く、高収益で財務体質が健全な企業の株を買おうと思いました♪

さて、昨日(2016/12/27)が権利付き最終日、今日(2016/12/28)が権利落ち日なので前回の記事「2016年12月の権利確定日に関して」に2016年のデータを追記して分析してみようと思います。

前回記事は、こちらから
2016年12月の権利確定日に関して


2016年の結果


2016_権利確定日

分析


クリスマス休暇や年末休暇で参加者が限らているのか薄商いの状態のようで
例年より値動きがほとんどありませんでした・・・

NW市場もそうですが特に大幅な下落も上昇もない閑散とした相場ですね・・・

まとめ


今年の12月は、米国大統領選後の11月にFOMCの利上げが織込まれた状態で上昇し、12月中旬のFOMCの利上げ発表で市場が一服感で更にクリスマス・年末休暇で参加者が減って薄商いの状態だと考えています。

3月9月に権利確定日になる企業が多いため、その時が近づいたらまた権利付き最終日権利落ち日を分析してみようと思います♪









最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

含み損に対する3つの対処法!!~洗練された投資家への道~

みなさま、こんばんわ!

今日の日本市場は、超小幅(日経平均+6.42円)に反発しまたね♪

今年も営業日ですと後3日(12/30(金)の大納会も含む)で終わりですね!!

今日で株式の受け渡しベースですと2016年は、終わりましたね!

明日(2016/12/28)の約定から一足早く2017年扱いになりますね♪

さて、今日は洗練された投資家への道シリーズとしまして、含み損が生じた場合の3つの対処法について考えてみました!!

順番に追っていきましょう♪

1.塩漬け


含み損が出ている状態を放置する。

メリット


損失を確定してないので、損失を負わないで済む。

デメリット


資金量に余裕がないと身動きがとれなくなり、投資のチャンスが失われる。
投資の経験が積めなくなる。


経験値のコメント


私は、塩漬けしがちです。。。
会社員の場合、勤務時間中に市場をずっと観察することができないため、
思惑と逆の急激な相場の変動で株価が暴落することがよくあります。
塩漬けの1番のデメリットは、他の株で利益を得るチャンスが失われる機会ロスだと思います。




2.ナンピン買い


買い値よりかなり下がったところで買い増しをし、平均取得単価に下げる。


例:
2016/12/1 株価100円のA銘柄を1単元(100株)購入。⇒ 100円 × 100株 = 10,000円
2016/12/15 株価50円のA銘柄を1単元(100株)購入。⇒ 50円 × 100株 = 5,000円

A銘柄の平均取得単価
(10,000円 + 5,000円) ÷ (100株 + 100株) = 75円

メリット


当初取得した金額とナンピンした金額の平均値になるため、
当初取得した金額より低いところで利益確定ができる。


デメリット


ナンピンして更に下落すると濡れてで粟状態になる。利益確定できる株価に戻るまで投資するチャンスが失われる。

経験値のコメント


株式投資の書籍を読むとナンピンは、更に損失が膨らむのでしないほうがよいと書いてありますが、
優良株の場合、下落と上昇の波を打つので平均取得単価以上になる可能性が高いと思ってます。
逆にマザーズに上場している銘柄のように天井が高く底も低い銘柄は、危険だと思います。。。

資金量がある方は、ナンピンして買い増しをするのもありだと思います!!




3.損切り(ロスカット)


取得した株の含み損を確定する。

メリット


早めに損切り(ロスカット)することで資金を回収できるため、別の投資チャンスに巡り合える。

デメリット


遅めに損切り(ロスカット)すると損失する金額が大きくなる。

経験値のコメント


私は、まだ損切りができていないです。。。

特に会社員の場合、市場に張り付くことができないため、事前に損切りは、逆指値で注文を出しておくのがいいですよね♪



まとめ


洗練された投資家は、感情ではなくルールに従い、塩漬け、ナンピンではなく損切り(ロスカット)を選ぶと思います!!

取得した株価より5%とか10%下がった時点で強制的に損切り(ロスカット)するなどのルールを決めて資金を回収することで
株式市場への参加を継続できますね♪

利益と損失を合算して計算するため、一つ一つの取引で損益を考えるのではなく
トータルで損益を考えることが重要ですよね♪

私も早く損切り(ロスカット)ができる洗練された投資家になりたいです。。。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

IPOでおすすめの証券会社 ベスト3

みなさま、こんばんわ!

今日の日本市場も先週に引き続き方向感が乏しい展開でしたね!!

今年も営業日ですと後4日(12/30(金)の大納会も含む)で終わりですね!!

明日(2016/12/27)は、2016年の最終売買日になりますので、今日よりは動きがあるかもしれませんね♪

さて今日は、昨日に引き続き、管理人の私が取引しているIPOでおすすめの証券会社ベスト3を発表しようと思います!!

まだ無類の株好きの会社員なので、IPOの当選回数がまだほとんどないですが、百戦錬磨の投資家になる前提で紹介させていただきます♪


では、まず3位から発表しようと思います♪






IPOでおすすめの証券会社 第3位 SMBC日興証券


SMBC日興証券のおすすめポイント




IPO投資家の方は、SMBC日興証券の口座を持ってる方が多いですよね♪










IPOでおすすめの証券会社 第2位 野村ネット&コール


野村ネット&コールのおすすめポイント



  • ブックビルディング申込時に余力資金が必要ない。

  • 購入申込時に余力資金が必要。

  • 「主幹事になることが多い=割当株数が多い」ので必須。



これも言わずもがなの証券会社のガリバーである野村證券のネット取引!!
gumi(3903)AppBank(6177)など大人の事情があるような銘柄もありますが、郵政グループやLINE(3938)などの大型の案件では、あの野村證券なので安心感がハンパないですね♪

ちなみに私は、野村ネット&コールIPOを申込み、日本郵政(6178)リクルート(6098)が当選しました♪












IPOでおすすめの証券会社 第1位 SBI証券


SBI証券のおすすめのポイント



  • 資金量に応じて分配する。

  • 落選するごとに貯まるIPOポイントで当選する確立が増える。

  • 「最近主幹事になることが多い=割当株数が多い」ので必須。

  • 主幹事でなくとも幹事になることが多い。



これも言わずもがなのネット証券の雄であるSBI証券!!

資金量とIPOポイントがあれば当選する確立がグーンとあがるので資金量がある方は、当選しやすくなりますね♪

落選してもIPOポイントが貯まるので長期的に当選する可能性がありますね♪











まとめ


私は、まだ無類の株好きの会社員なのでIPOに当選するのは、「運」に頼ることになります・・・

今回の記事で私が伝えたかったことは、IPOに当選するのは、「運」ではなく「特別な顧客」であることを証券会社に認識してもらい「偶然」ではなく「必然」
IPOの配分をまわしていただくことを目指すほうがよいと思っています。

今回紹介した「SMBC日興証券」「野村ネット&コール」「SBI証券」は、結局のところ「資金量」が多いこと(取引実績も含む)が重要だと思っています。
(証券会社は、手数料ビジネスのためお金持ちのお客さんに取引して欲しい!!)

聖書の一節がこのことをあらわしていると思います!!


「富める者はますます富み、貧しき者は持っている物でさえ取り去られるのである」



資金量が多い投資家は、IPOの優良株が当選する確立が上がりますます富み、資金量が少ない投資家は、貧乏くじをひかされてわずかな資金さえも取り去られる。

お金がお金を呼ぶお金持ちの百戦錬磨の投資家に早くなりたいですね♪

関連記事


おすすめの証券会社 ベスト3





最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの証券会社 ベスト3

みなさま、こんばんわ!

3連休ゆっくり休めたでしょうか?

明日からまた市場がオープンしますが、今年も営業日ですと後5日(12/30(金)の大納会も含む)で終わりですね!!

残りの営業日も気を抜かずに市場を観察していきましょう♪

さて、ブログを始めてから2週間経ちましたが、
今日は、管理人の私が取引しているおすすめの証券会社ベスト3を発表しようと思います!!




では、まず3位から発表しようと思います♪






おすすめの証券会社 第3位 マネックス証券


ネット証券ですと老舗ですね!


マネックス証券の評価ポイント



  • 1注文の約定代金100万円以下だと手数料が安い。

  • 米国株に強い。

  • IPOの取扱実績が多い。(2015年度49社)

  • IPOが取引実績、資金量、預り資産に関係なく完全抽選。

  • 投資情報が豊富。J.P.モルガンなどのアナリストレポートが無料で読める。

  • 四季報が無料で読める。



マネックス証券の改善ポイント



  • 100万円以上だと手数料が高くなる。



私は、基本的にIPOの申込のみで使用してます。
2017年1月3日から新システムに移行するらしく、サイトのデザインも刷新されるとのことで楽しみですね♪













おすすめの証券会社 第2位 SBI証券


言わずもがなのネット証券の帝王!!
ネット証券口座開設数国内株式売買代金ともにNo.1










SBI証券の評価ポイント



  • 1注文の約定代金3,000万円超でも1050円。

  • 取扱商品が豊富。

  • IPOの取扱実績が多い。(2015年度78社)

  • IPOポイントがあり、落選してもポイントを蓄積すれば当選するチャンスがある。

  • PTS(私設取引システム)で夜間取引ができる。

  • 取引ツールHYPER SBIが使いやすい。

  • 住信SBIネット銀行を開設すれば、証券口座と銀行口座の入出金のスピードが早く超便利!

  • 四季報が無料で読める。



SBI証券の改善ポイント



  • 基本的にIPOは、資金量が多くないと当選しない。



SBI証券を使わない理由が思い浮かばないほど、必須の証券会社ですね♪







おすすめの証券会社 第1位 GMOクリック証券


SBI証券を抑えての第1位は、GMOクリック証券です!!



GMOクリック証券の評価ポイント



  • 1注文の約定代金3,000万円超でも960円。

  • GMOインターネット(9449)やGMOクリックホールディングス(7177)などの上場しているGMOグループの株主優待を使用すれば売買手数料がキャッシュバックされる。

  • スマホアプリが使いやすい。

  • 四季報が無料で読める。



GMOクリック証券の改善ポイント



  • IPOの取扱実績がほとんどない。(GMOグループのIPOは多い。)



GMOクリック証券の口座を開設したのは、昨年(2015年)でした。開設する前までSBI証券をメインにしてましたが、現在は、GMOクリック証券がメインです。
1番の理由は、やはり、「株主優待を使用すれば手数料がキャッシュバックされる。」点にあります。

評価ポイントは、人それぞれで異なると思いますが、私が株式取引に関して大事と思う点は、「手数料が低いこと」と「売買の注文がしやすい」ことだと考えています。

株式の売却で利益がでると税金が20.315%も課税されるので、売買手数料は、なるべく払いたくないですね・・・

売買手数料の金額によっては、全額キャッシュバックされ無料で売買ができることになります♪

その点を考慮するとGMOクリック証券は、かなりおすすめです♪(SBI証券との兼用がおすすめです♪)

まとめ


SBI証券は、今後も首位を独走すると思います。

しかしGMOクリック証券も今後、アライアンスを結んでいる大和証券とのシナジー効果でIPOの取扱数を増やしたり、あおぞら銀行と協業予定のネットバンキングで入出金が便利になれば、国内株式売買代金で首位になる可能性もあると考えています。

GMOクリック証券さん応援しています♪

個人的には、SBIホールディングス(8473)株主優待「売買手数料キャッシュバック」があればいいなぁーと思ってます♪

今回挙げた証券会社以外におすすめの証券会社があれば、コメントまたは個別に教えていただければと思いますのでお待ちしておりますm(_ _)m





最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月の権利確定日に関して

皆様、メリクリです!

クリスマス・イヴ楽しくお過ごしでしょうか?

イブも株式投資のことを考えねばと思い、
今日は、来週に差し迫った12月の権利確定日に関して考えてみました!

2016年12月の権利付き最終売買日


12月27日(火)

12月の権利付き最終売買日が重要な理由


2016年の最終日(約定日)になります。

2016年の年間の損益を確定しようとする日のため、売り方が多くなるかもしれません。

またNISA(少額投資非課税制度)は、年間の非課税枠に限度額が「120万円」と決まっており
限度額を使い切ろうと買い方も増えるかもしれません。
※2016年4月にスタートしたジュニアNISAの非課税枠は、年間「80万円」まで。


直近3年(2013~2015年)の12月の権利付き最終売買日と権利落ち日の日経平均株価


12月権利確定日時系列


まとめ


通常月の権利付き最終売買日は、株主優待や配当金の目的で上昇しやすく、権利落ち日は、権利確定済みなので売却が増えるというのがセオリーだと思ってました。

やはり「12月の権利付き最終売買日が重要な理由」でも書きましたが、年度内の損益確定日のため、損益確定売りやNISA枠の限度額の消化などがあり、2014年と2015年は、反落していました。

権利落ち日だから下がるという思い込みがあったのですが、直近3年を見ると前日比の小幅安か100円プラスの堅調でした。!!

2016年もどうなるかを観察していきます♪




最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

【書評】日経マネー2017年2月号 五味大輔さんと片山晃さんの対談

あの運用資産100億円超え投資家の五味大輔さんと片山晃さんの対談が載っているということで読んでみました!!感想を報告したいと思います!!

五味大輔さんは、顔出ししていませんね!

日経マネー2017年2月号

まずお二人方の筆頭株主の主な銘柄を挙げてみます!

五味大輔さんが筆頭株主の主な銘柄


◆そーせい(4565)
第1位
そーせい筆頭株主

◆エニグモ(3665)
第5位
エニグモ筆頭株主
※最新の四季報を証券会社のサイトで確認したところ第6位75万株(3.5%)になっていました!

片山晃さんが筆頭株主の主な銘柄


◆日本ライフライン(7575)
第4位
日本ライフライン筆頭株主

※最新の四季報を証券会社のサイトで確認したところ第5位110万株(4.8%)になっていました!

◆パピレス(3641)
第2位
パピレス筆頭株主

※最新の四季報を証券会社のサイトで確認したところ第2位のままですが53万株(10.4%)になっていました!

対談のページ数


7ページ

対談の内容


・トランプ相場に関して
・2017年の投資スタンスに関して
・投資対象(銘柄)に関して
・失敗した銘柄に関して
・投資に至るまでのプロセスに関して
・投資に費やす1日の時間に関して
・刺激を受けた人に関して
・稼いだお金の使い道に関して
・どんな投資本を読みか?
・投資の相談相手は?


感想


五味さんの投資に費やす1日の時間があまりにも短いことに驚きました。(会社員と兼業というの驚きですが)

特別なことをお二人方をしているわけではなく経験ルールに基づいて売買しているだけの印象を持ちました!

また五味さんは、信用取引をあまりせず、ある段階でポジションを買い増したり、売ったりするなど資金を失わないことに注力している印象でした!

やはり場数を踏んで感覚(相場観)を研ぎ澄ますし、地道に努力し、常に市場を研究することが大事だと思いました。

近道は、なく地道にコツコツ勉強して行動するしかないですね♪

まとめ


このお二人方の対談は、夢のようなですよね!!

今回は、雑誌の対談でしたが、「マーケットの魔術師」的なインタビュー形式でもっと考え方を深く知って、学んでみたいです♪

100億円を超える株式資産を創業者関係、機関投資家、ファンドでなく個人投資家が持てるなんてが持てますね♪
















最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

投資あるあるシリーズ1

今日は、大学4年から現在までの10年間で経験した「投資あるある」を3つ紹介させていただきます!

※記事を書いていたらこんな時間(朝4時)になってしまいました・・・(笑)

投資あるある」とは、投資をしているとよく「あるある」というパターンがあり、私なりの考察をしてみたので参考にしていただければと思います。

レイザーラモンRGさんの「あるある」ネタに使用されてみたいです♪

「投資あるある」早く言いたい♪「投資あるある」早く言いたい♪「投資あるある」早く言いたい♪

1.推奨銘柄


証券会社、雑誌の推奨銘柄を買うと暴落する♪

投資を始めた頃は、どの銘柄を買えばいいのかわからなくて証券会社や雑誌推奨する銘柄を購入したりしてました。

しかし、買うと上がることは、ほとんどなく下がることが多かったのです。(私の体験談。)

私は、この理由を考えてみました。
・証券会社・雑誌が情報を発信する時点とリアルタイムの市場とのタイムラグがある。
雑誌や新聞を例に挙げると、記者やアナリストが執筆している時と常に動いている市場とにギャップが生じる。
証券会社・雑誌なども市場のプレイヤーの一部だと認識していなかった。
証券会社も利益を出さなければならないし、雑誌も売上部数を上げなければならない。
それぞれの立場を理解することが重要だと思いました。

教訓としては、単純に自分で考えて責任を持って行動すべしということです♪


2.メディアの扇動


市場が暴落すると、なぜか異常にメディアが不安を煽り、更に暴落する。

暴落した日の前場(または後場)が引きた後のニュースを見ると、ニュースキャスターが不安そうな顔で株価の暴落を報道する。

またメディアや証券会社が暴落したことをこの世の終わりのように報道し、不安を煽り、狼狽売りを誘引し、更に暴落する。

この理由は、「1.推奨銘柄」と同様の考えですが、「暴落」することが必要な立場の人がいるからだと考えます。

株式は、信用売り(空売り)をすることで下げ局面で利益を上げることができるため、売り筋の威力を増すためにメディアが不安を煽ると考えています。

教訓としては、メディアの扇動に振り回されずに市場を観察し、
落ち着いたところで優良株を割安で買えるチャンスだと考えることが重要だと思います♪

市場は、売り筋(ベア)と買い筋(ブル)が拮抗して価格を形成する場所であることを認識することも重要だと思いました♪


3.誰かが私の取引を監視している!?


買った株は、直後に買値より下がる。
売った株は、直後に売値より上がる。


投資を始めた頃、誰かが私の取引の内容を監視している!?と考えてました(笑)

この理由は、群集心理に基づいていると思っています。

あなたが考えていることは、他の人も同じこと考えている。

例えば、朝の通勤での満員電車、金曜の飲み会、流行のドラマ、流行のファッション、流行の映画など

教訓としては、群集心理から離れて自分のことを客観的に考え、人と違った行動を心がけ、他の人より努力することが重要だと思いました♪

まとめ


投資あるある」から学んだことを教訓にして今後投資で同じ過ち・思考にならないようにします♪

またこういう投資あるあるもあるよねという方がいれば是非聞いて見たいので、コメントか個別に連絡お待ちしてます♪


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOクリックホールディングス株式会社(7177)の決算報告書が届きました♪

GMOクリックホールディングス株式会社(7177)から
2017年3月期第2四半期決算報告書類が届きました!

レポート

事業年度


4月1日から3月31日まで

単元株式数


100株

配当金


GMOインターネット株式会社(9449)と同じくGMOクリックホールディングス株式会社(7177)は、
四半期配当を実施してます。2Qは、6.15円で昨年より増配しております。
配当金サマリー

株主優待


1. GMOクリック証券における売買手数料相当額キャッシュバック(保有株数に応じて最大15,000円)
2. GMOクリックホールディングス株式買付手数料相当額キャッシュバック


私は、1の取引手数料相当額のキャッシュバック株主優待が超素晴らしいと思います♪

100株以上300株未満で3,000円のキャッシュバックとなっており、100株保有しているだけでも
3,000円がキャッシュバックされます。

私がメインでGMOクリック証券を利用する理由は、株主優待売買手数料相当額のキャッシュバックがあるからです。

直近ですと2016年12月31日に株主名簿に記載されていると2017年4月1日~2017年9月30日の期間で株主優待の権利が発生します!!

つまり2016年12月30日が2016年の最終営業日ですので、4日前(最終営業日を含む)12月27日(火)に約定していれば株主の権利が確定します!!

もし権利確定日の翌日12月28日(水)に売ったとしても前日に権利確定していますので、株主優待および配当金を受け取ることができます♪

GMOクリックホールディングス株主優待


業績と新規サービス


7月~9月は、Brexit後の取引減で為替と株式の手数料は、減益のようです。
最終利益は、連結納税の適用により一応は、増益のようです。

10月から貸株サービスと貸付型クラウドサービス「maneo」が開始しました!

また11月のアメリカ大統領選と12月のFOMCでの利上げ発表の為替変動でどれくらい利益が増えるのかが期待ですね♪

まとめ


私は、株主優待配当金と事業の将来性を目的にGMOクリックホールディングス株式会社(7177)を保持しています。

私のメインの証券口座は、GMOクリック証券です。
売買手数料相当額のキャッシュバック株主優待があるので、今後も売却せずに末永く付き合いたいです♪












最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

【日銀金融政策決定会合】日銀の金融政策決定会合の決定内容 12/20(火)

本日12/20(火)日銀金融政策決定会合後黒田総裁の定例記者会見がありました!

発表日


12 月 20 日(火)11:51

発表内容の目玉


・金融政策は現状維持、景気判断を上方修正
黒田総裁は円安について「驚くような水準でない」と発言
特にサプライズは、なく現状維持の印象。


発表日の日経平均株価


・始値:19,367.84円
・安値:19,356.81円
・高値:19,511.2円
・終値:19,494.53円
・前日終値:19,353.56円
・前日比:+102.93円
前場は、発表待ちの様子見ムードで前場終了。
金融政策決定会合通過で後場からプラスに転じ+102.93円で終了。

まとめ


昨年(2015年12月18日(金))は、値動きが激しくてかなり警戒していましたが、
特に現状維持とのことで安心感から暴落もなく暴騰もなく+102.93円の堅調な推移で取引を終了しました。

2016/12/20 23:00時点でドル円は、118円前半。
日銀の金融政策決定会合のイベント通過で明日以降、年内に日経平均20,000円を目指すのか
要観察ですね♪

次回の会合は、2017年1月30日(月)・31日(火)の予定です。
http://www.boj.or.jp/mopo/mpmsche_minu/index.htm/

関連記事


【日銀金融政策決定会合】今週のイベント(12/19(月)~ 20(火))


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
マネーの虎的に「応援クリックでフィニッシュです!!」していただれば幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

RSSを購読する
Twitterボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

訪問者様累計

プロフィール

株の王様

管理人:株の王様
無類の株好き(吉田栄作的に)

「マネーの虎」世代ですヽ(´∀`)ノ

現在の職業は、ITエンジニア(JavaのWeb開発メイン)ですが、
35歳までに会社員をExitし、専業の株式投資家を目標にしてます♪

「謙虚ライオン」で頑張ります!!

 ○○○
○ ・ω・ ○
 ○○○
c(_uuノ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
管理人のプロフィール詳細!!
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

「マネーの虎」的応援リンク♪


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ


「マネーの虎」的に「3本はいけますよ!」

購読

RSSを購読する
follow us in feedly

Twitterタイムライン

リアルタイム市況

検索フォーム

人気のページ

おすすめの証券会社

GMOクリック証券


SBI証券


マネックス証券


松井証券

管理人メイン使用の証券会社

おすすめのネットショップ

おすすめの書籍

おすすめの映画


アクセスランキング


ブロとも募集中ですヽ(´∀`)ノ

下記のリンクからブロとも申請でフィニッシュできます♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株の王様@マネーの虎大好きっ子と前前前世からブロともになる

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当ブログサイトは管理人自身による株式取引の記載・記録を目的としており、同様の取引その他の投資行動を勧誘・助言する目的で記載されているものではありません。投資商品、売買価格決定等の投資行動につきましては、ご自身の判断と責任に基づいて行われるようお願いいたします。本ブログサイトに掲載しているすべての情報・記事・データ等につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。本ブログサイトに記載の情報を利用することで被った被害や損害につきましては、万が一、本ブログサイト内の情報の内容に誤りがあった場合であっても、本ブログサイトおよびその管理者は一切の責任を負 いかねます。予めご了承ください。 当サイトの内容は予告なく変更する場合があります。

アフィリエイトの掲載

当ブログに掲載する商品リンク、および、その他リンクには、Amazonアソシエイト・A8.netなどのアフィリエイトリンクを使用する場合があります。 リンク先の商品は当ブログが管理・販売しているものではありません。 商品、および、販売に関するお問い合わせは、各店舗へお願いいたします。 商品に関して発生したトラブルや損害等、当ブログでは責任を負いかねますのでご了承ください。

著作権について

当ブログはリンクフリーですが、著作権を放棄するものではありません。 当ブログのテキスト・画像・動画および公開しているデータなど、全ての著作権は当ブログに帰属しています。

QRコード

QR